自分で証拠を集める
浮気調査を探偵に依頼をする、または比較することが難しくて面倒、一刻も早く証拠を掴みたいと思う人が、自分で浮気調査をする人もいます。

浮気調査は探偵に依頼をしなくても自分で行うことが調査ではありますが、その場合にはいくつかの注意点があり、注意点を見落としてしまうと意味の無い調査を続けることになるかもしれません。

自分で行う浮気調査の注意点には以下のものがあります。

・間接証拠しか手に入らない可能性
・浮気調査を行ったことが、調査対象者に気付かれてしまう可能性
・時間的な余裕が無くなる
・調査対象者に対しての罪悪感

今挙げた項目はあくまで一部の注意点であり、全てではありません。
いくつか詳しく解説をすると、間接証拠とは事実を間接的に証明する証拠のことで、離婚裁判などになった場合、確実に不貞行為を行ったという証拠に繋がらない可能性がある証拠のことで、素人が証拠を集めると間接証拠のみになってしまうこともある。
また、浮気調査を自分で行うと、調査対象者と一緒に生活をしていた場合には、対象者に調査自体がバレてしまう可能性が高くなり、また、相手が浮気をしていると確信が持てないと、罪悪感を募らせる人もいます。

他にも、調査では張り込みなど長時間にわたって拘束されてしまうことが多く、仕事をしている人が調査をするのは難しく、また家庭に入っていたとしても、子供のことなどで時間的な余裕がなく突っ込んだ調査が出来ないことが多々あります。

実際に探偵に依頼をせず、自分で浮気調査をするとしたらこれらの注意点を確認しておこなってください。